スポンサーサイト

--/--/-- (--)  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GBP通貨の見通し

2009/03/21 (土)  

ドルが徐々に売られ始めている印象を受ける。
機関投資家のオーダー状況を見ると94円から90円にかけて断続的に大口の買いオーダーが入っているようだが、95円以上で掴まされてしまった格好となった個人短期筋を中心としたシコリが沢山あるのも事実である。

ここで注目したいのがポンド、GBP/USDは素直にロングで良いだろう。
また、NZドルは中立判断だが様子見して注目しておきたい。

ポンド円も買いであると考えられるが、GBP/USDの方が強いと予想する。
来週の米ドルは下がるのにも底堅く、上がるのにも重いレンジの狭い展開になることが予想される。
ただし相対的に値幅が大きい時期なのでレバレッジを抑えつつロスカットは大きめに、余裕を持って挑みたい。

来週の見通しはポンド円、ポンドドルの買いを推奨。

アメリカの情報
スポンサーサイト

来週のポンド見通し

2009/03/15 (日)  

G20を終えてユーロやポンドが安く始まる可能性が高いとみている。
アメリカドルの動きを見ながら取引するのが前提となるが、あまり下げずに買われるようなら思い切ってポンドのロングポジションを取ってみるのもありだろう。

http://www.instapaper.com/

ユーロを触るのは少し怖いのでパスするのが良い、ヨーロッパ圏の通貨で勝負するならポンドの選択をお勧めする。

ドルの動き次第だが、通貨間の強弱がはっきりと分かれて目に見えるようならケーブル(GBP/USD)のショートを狙ってみるのも良さそうだ。
段々と底打ちの雰囲気が出てきた今、ポンドなどのFXを始めるにはいい機会かもしれない。

http://www.linkedin.com/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。