スポンサーサイト

--/--/-- (--)  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介入が入るようなら積極的にロング

2009/10/20 (火)  

短期トレーディングの相場予想をすると戻り売りで正解だと思う。上値が重い所を見るとどこかのファンドもしくは実需系の大口が売っているのだろうか。
しかし、長期的に見て円高が進むという大方の期待は裏切られるのではないかと思っているのが私の本音だ。


http://www.instapaper.com/

希薄化は進み、世間が思っている以上にドルの価値は低下しているのだろうが、例えば東芝や野村ホールディングスがどれだけの増資をし、1株あたりの価値がなくなろうとも市況2で言われているようなことにはならず、不思議と株価は上がるものだ。

私はもう一段の円高が来た後、日本政府が介入に踏み切ったら素直に買い向かってよいのではないかと考える、もちろんそこに戻り売りを浴びせるファンドもいるだろうが、彼らはロスカットせざるを得なくなるだろう。

FX業者大手のMJが証券監視委員会から勧告を受けた。実際に金融庁から業務停止などを強いられるかどうかはまだわからないが、ネットでは倒産という声も聞こえている。
しかし、その程度で倒産と言っている人にはどうかしているんじゃないかと言いたい。
MJの財務は決して良いとは言えないが、もしも上記の件に関して株価が下がるようなら全力買いしてみたいと思う。

http://cashing.kinri.jp/
スポンサーサイト

スワップ組は豪ドルに注目すべし

2009/10/06 (火)  

ついに利上げが始まった、金融危機からの連続利下げから少々早すぎるのではないかと感じる部分もあるが、オーストラリアは大丈夫なのだろうか?
市場からの声に無理矢理背中を押されたようにも思えないが、金利が上がってスワップが高くなるのはスワップ組にとっては素直に喜べる出来事だろう。

http://mjfx.husuma.com/

サプライズ的な利上げによって豪ドルは大きく買われる結果となったが、予定通りこれから継続して利上げを行って行くようなことが実現できればまだまだ上値余地はあると言えるので長期的に見ても買いと考えて良いのではないだろうか。

米ドルの方はもう少し先になりそうだ。こちらはまだまだ出口戦略を問題視される点も多く、当分は売りポジションで構わないと思う。ドルを売りつつユーロやポンド、そして豪ドルへと視野を広げてみてはどうだろうか。

http://www.funda-study.com/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。