スポンサーサイト

--/--/-- (--)  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費者金融は中国に進出

2010/07/16 (金)  

日本で総量規制などが行われ、年収の3分の1程度しか貸付ができなくなり、業界自体が縮小に追い込まれた消費者金融業界ですが、新たな開拓が行われました。
それが先日プロミスの中国進出であり、人口が多く拡大傾向にある海外に目を向けるというもの。

そもそも一般的には不景気になるほどお金を借りる人が増えると思われがちですが、実はそうではなくて景気が良い時の方がお金を借りる人は多いです、それも高金利で。
ですので、拡大している中国に進出するのはそう悪くはない話でしょう。

消費者金融の2chの通りですが、プロミスやアコムは銀行系ということでアクティブな動きが出来る為、今回の後を追うようにアコムも海外進出となる可能性が高まって来ていると思います。

ここで出遅れる可能性が高いのが独立系の武富士とアイフルですね。
特にアイフルは事業再生ADRを出すなど、会社を継続していくだけで手一杯の状況ですので、大きく設備投資を行って中国に消費者金融業を拡大するとことは簡単にできないはずです。

アナログなものや古風なアイテムの存在
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。